読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノエルログ

とある大学生の日記

The Melancholy of ...

今回の記事のタイトルは、個人的に一二を争うほど好きな作品である"涼宮ハルヒの憂鬱"から取りました。すでになかなか昔の作品になってしまいましたが、今でも色褪せない名作の一つだと自信をもって言うことができます。

僕はアニメや小説、ゲームなど媒体を問わずストーリー性のある作品がとても好きなのですが、それについてはまたいつか記事にしたいと思います。

 

 

さて、今回の記事の本題ですが、最近どうも心身共に調子が良くありません。あらゆるモチベーションは正弦曲線のように上下運動を繰り返すものである気がしますが、今がその最低辺なのではないでしょうか。

 

僕は何かにつけて日記や手帳に計画や現状をまとめる癖があります。しかし、少人数ながらも誰かに見られているということを考えながら文章を書くと、好き勝手に書きなぐるよりも考えを整理する効果が増す気がしますね。

 

 

と言う訳で、今回はこの不調の原因を分析してみたいと思います。

 

 

原因1:朝が辛い

春休み中、非常に自堕落な生活をしていたせいで、現状朝起きることが極めて辛いです。特に1限の講義だと通勤ラッシュも重なり朝の気分は最悪です。

とは言えこれは回避しようがないことなので受け入れるしかありません。頑張って早く寝ましょう、自分。

 

原因2:大学の勉強が難しい

二年生になり、いよいよ学科ごとの講義も専門化してきます。

...いやいや、一気に専門化しすぎです。去年はなかなか大学の勉強する時間を取れませんでしたが、それでも単位を落とすことはありませんでした。

それが今年はどうでしょう、特に数学や物理学の講義では、教科書をパラパラと見ても言っている意味が分かりません。さらに追い打ちをかけるように、実習系の講義でも自分一人が置いていかれているような感覚に襲われます。

僕はこの分野の才能がないのでしょうか......いやそんなことはないと自分を震え立たせ、なんとか持ちこたえます。

 

原因3:サークル

僕は今年新しくサークルに入ろうと考えており、そのために新歓や食事会にも行きました。しかし、二年生からということもあり、なかなか入るという決断が出来ません。サークルなんて適当に考えれば良いのですが、それにも色々と面倒な事情があり......

去年良さげなサークルに入っておけば良かったですね。これから大学生になる人は何かしらの団体に属しておいたほうが良いと思います。

 

原因4:新しい学科の人間関係

正直これは主な原因ではないのですが、今年からそれぞれの学科に分けられたことにより、人間関係が一度リセットされました。僕のコミュニケーション能力は並みであるため、また友人作りに奔走しなければならないと考えると、少し気が重いです。

 

 

 

まだまだ他にも原因はあるでしょうが、挙げてみると案外大したことはないですね。大したことがないと分かっただけでも大きな収穫です。きっとこの憂鬱も時が少し経てば忘れているでしょう。そしてまた新たな暗い影が憂鬱を引き連れてやって来るのです。

 

僕は同時に色々なことを考えられるほど器用な人間ではないので、このように現状を整理するとかなり落ち着きます。どんな方でも一度落ち着いて現状を纏めてみれば、何かしらの新発見は得られるのではないでしょうか。

 

 

それではまた。