読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノエルログ

とある大学生の日記

モチベーション学

昨日はあるサークルの新歓に友人と出向いた。食事会のようなものであったが、やはり二年生からの入会となると去年とは事情が異なる。元々いる二年生に敬語を使うべきか、一年生とどう話すかなど、一々気を使わなければならない。自分の考えすぎも大いに影響しているだろうが。

気分が乗っている間は誰とでもどんな話でもしたいと思えるが、一度燃料が切れると再び火を灯すのは難しい。この記事を書いている今はまさにその燃料が切れている時期で、もはや早く4年が終わってほしいと思うほどである。いつかの記事で書いたモチベーションの最低期に当たるのかもしれない。昨日のことが無駄だったとは決して思わないが、今はただ考える気が起きない。


話は少し逸れるが、これからもこのようにやる気に左右されることが多々あるのだろう。そこで選択を間違えないために何が必要かと言われれば、自分を導いてくれる友人の存在であるのかもしれない。
僕は何でも自分で考えて決断し行動するのが一番後悔がないと考えている。もちろん今でもそう考えているが、自分一人ならば100%こんなイベントには行かないであろうし、時には友人の強引さに身を任せてみるのも良いだろうと思えた。


この一週間とは打って変わり、今日は本当に一日中漫画を読んでいた。たまにはこんな日も良いだろう。と信じたい。


また一週間頑張ろう。何か素晴らしい出来事や新しい発見があると信じて。
明日までに製図の課題を片付けなければいけないので今日は短めで。


それではまた。