読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノエルログ

とある大学生の日記

特記することのない日

今日は1限からギッチリと講義が入っている。朝には滅法弱い僕だが、1限の講義のTAがあり得ないほど可愛いため、なんとか授業開始20分前には大学に着くことが出来た。これまで無遅刻無欠席なのは奇跡としか言いようがない。いつまでこの威勢が続くのだろうか。

と言っても今日は、登校し、講義を受け、帰り際に本を買うという特に特記することのない日であった。新入生ほどではないにしろ、4月はそれなりにイベントがあった。これからはこのような"特記することのない日"が増えていくのだろうか。なんて考えていると、そこはかとなく切ない思いに駆られてしまう。


さて、少し愚痴になってしまうが、最近お礼の言葉を言う人が減っている気がする。例えばお金の貸し借りをする時。借りる側は、どうせ返すのだから適当に対応しておけばいいと考えているのだろうか。それとも、ここで特に努力をしなくとも、なんだかんだで誰かが助けてくれると思っているのだろうか。
このような考えを持っていることもあり、僕は本当にどうしようもないとき以外は絶対にお金を借りないし貸さない。僕の気の置けない友人達ともそのようなやりとりをした記憶は存在しないし、そこまで間違ってはいないと信じたい。

少し話が逸れてしまったが、つまり、人に何かをしてもらったならば一言でもお礼くらい言うのが当然だと言いたいのだ。それすら出来ないような人とは残念ながら分かり合える気がしない。

以上、乱文失礼。


それではまた。